抜型・トムソン型・打ち抜き資材の大創株式会社

課題解決のご提案

冬場の静電気トラブルを無くしたい

冬の乾燥時期、特に酷くなる静電気。現場でバチッと痛みを感じたり、シートがくっ付いて流れにくくなったことはありませんか?
打抜き現場で静電気がおこると、不良や異物混入が発生する恐れがあります。短納期や品質が問われる昨今、静電気は避けたいトラブルです。

多くの現場では静電気対策として、スプレーや加湿器などを利用して湿度を維持するように取り組んでいますが、機械の内部でおきる静電気を除去することは難しい場合もあります。
シートの打抜き時に発生する静電気を防止(抑制)するためには、抜型にも工夫が必要です。

帯電防止素材を配合した
特殊スポンジを採用


大創では、帯電防止素材を配合した特殊スポンジ「ピンクメッシュスポンジ」を抜型に採用しております。べた貼りすることで、抜型側に紙が引っ付くことを防止、バラケを無くします。薄紙、PP・PETシートの抜きに特に効果があります。
本格的な冬場(乾燥時期)が到来する前に、静電気対策資材を見直してみては如何でしょうか?
抜型以外にも機械で使用できる資材も多数揃えております。

課題を解決する製品をご紹介いたします

お困りごとや、ご要望をお聞かせください。

大創では、トラブル解消、生産性向上に役立つアイディアを形にします。
下記フォームより、お気軽にご相談ください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 課題解決のご提案
  3. 冬場の静電気トラブルを無くしたい