抜型・トムソン型・打ち抜き資材の大創株式会社

課題解決のご提案

折れ精度を高めたい

パッケージを組む際に、折れにくく組み立てづらいということはありませんか。また、パッケージを生産されている工場管理者の方で、しっかりと折れない、組み立て後の見た目が悪い、面切りで困っている。

 

特に段ボールの種類の中でB/FやA/Fは厚みがあるため、トムソン加工で罫線に何かしらの処置をしなくても、一応は折れスジがついて折れることが出来ます。
しかし、綺麗に折れることは無く、見た目が悪くなるはずです。中には組んでみようとしても、折れスジがぼやけているため非常に組み立てづらくなり生産性が悪くなることもあります。

安定した折れ精度、
片折れが起こらず生産性向上に


折れ精度が劇的に向上して、組んだ後の見た目も綺麗になるGテープをご提案します。
平均ショット数、20万~30万ショット。セット変えが無ければ50万ショットまでの使用が可能。本体溝部のエッジがしっかりしているので、安定した折れ精度と耐久性で品質が向上します。
また、ガイドは罫線に応じた仕様で生産しているので、片折れすることはありません。

課題を解決する製品をご紹介いたします

記事に関するお問い合わせ

本記事についてのご質問やご不明点、ご相談などは
下記メールフォーム・お電話よりお気軽にお問い合わせください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 050-1743-9919(総合窓口)
  1. トップページ
  2. 課題解決のご提案
  3. 折れ精度を高めたい