抜型・トムソン型・打ち抜き資材の大創株式会社

課題解決のご提案

打抜き機のムリ・ムラ・ムダを減らしたい

抜型を打抜き機セットし、すぐに打抜きを始めて良品を製造することはほぼ不可能ではないでしょうか。
抜型メーカーにおいてもセットすればすぐに打抜きが始めれる抜型をご提供することは永遠のテーマですが、丁数や刃物の形状が複雑になればなるほど、ムラ取りと呼ばれる刃物の切れを調整する作業が必要となります。

 

このムラ取り作業は、打抜き機をストップしては微調整を行うことが繰り返し行われるため、大きなタイムロスが発生します。

ムラ取り作業時間が半分以下


従来のムラ取り作業の時間を大幅に短縮できるDAISOマットをご提案します。
そもそも何故ムラ取りが必要になるのかを調べた結果、プラテン(打抜き)部と刃物の高さのアンバランスさによって発生することが分かりました。

 

DAISOマットは、切れない刃物を切れるようにするのではなく、切れすぎていた刃物の加圧を吸収することでバランスを均等にします。こうすることでムラ取りテープを貼る量が削減され、機械をストップする時間も大幅削減することになります。

また、ムラ取りテープをいくら貼っても切れが悪かった部分も、DAISOマットを使用すると解消されます。刃物にムリをかけないので、刃物の寿命もあがります。

課題を解決する製品をご紹介いたします

記事に関するお問い合わせ

本記事についてのご質問やご不明点、ご相談などは
下記メールフォーム・お電話よりお気軽にお問い合わせください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 050-1743-9919(総合窓口)
  1. トップページ
  2. 課題解決のご提案
  3. 打抜き機のムリ・ムラ・ムダを減らしたい