抜型・トムソン型・打ち抜き資材の大創株式会社

課題解決のご提案

シートの引っ掛かり、バラけを抑えたい

ムラ取りも終わりシートを流して回転数を上げると、デリバリー部までシートがバラけてしまったことはありませんか。
ニック(ツナギ)の数を増やす又はニック幅を広げることや、すべり止めスポンジを刃物に貼ることなどで、シートのバラけを抑えることができますが、ニックを増やすことは仕上がった製品の見た目を悪くすることもあります。問題はニックの数や幅ではなく、面板にあるかもしれません。

 

また、シートとGテープと罫線の設定がマッチしていない場合は、Gテープの溝にシートがはまりこんでしまうことがあります。

0.5mmのクッションでスムーズに


面板にピタッと貼るだけでシートの引っ掛かりが防止できるジャンピングシールをご提案します。
面板側の進行方向に対してシートが引っ掛かりそうなところや、Gテープの溝にはまりこんでしまっている付近へ貼るだけです。

 

クッションは0.5mmの高さがあり、Gテープより高く設定しているのでしっかりとシートを持ち上げてくれます。ニックの数を増やす前、またはニックの幅を広げる前にジャンピングシールを貼ってみることをお勧めします。

課題を解決する製品をご紹介いたします

記事に関するお問い合わせ

本記事についてのご質問やご不明点、ご相談などは
下記メールフォーム・お電話よりお気軽にお問い合わせください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 072-873-5002
  1. トップページ
  2. 課題解決のご提案
  3. シートの引っ掛かり、バラけを抑えたい