抜型・トムソン型・打ち抜き資材の大創株式会社

課題解決のご提案

屑(カス)をパーフェクトに落としたい

打抜きの工程で、屑(以下、カス)を落とす機構があっても、上手くカスが落ちないということはありませんか。下ピンをセッティングすると解消されることですが、このセッティングする時間は時間ロスになってしまいます。
 
また、この下ピンのセッティングは感覚的な要素が含まれているため、ある程度、熟練された方が行わないと、余計に時間がかかってしまうこともあります。

セッティングいらずで時間コストの削減に


大創の落丁型(メス型)には ADダックが取り付けてされています。
オペレーターがADダックを付けるのではなく、抜型メーカーの大創がご提供する落丁型は、落ちにくい小さなカスもパーフェクトに落ちるような仕様にしています。ADダックは、オス型のピン・鉄板とADダックがカスを掴んで落丁するので、どんな形状でも落丁することが可能です。

課題を解決する製品をご紹介いたします

記事に関するお問い合わせ

本記事についてのご質問やご不明点、ご相談などは
下記メールフォーム・お電話よりお気軽にお問い合わせください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 072-873-5002
  1. トップページ
  2. 課題解決のご提案
  3. 屑(カス)をパーフェクトに落としたい