抜型・トムソン型・打ち抜き資材の大創株式会社

課題解決のご提案

額縁罫の折れ精度を高めたい

段ボールのギフトケースなどには、額縁罫が多く使用されます。この額縁罫ですが、
上手く折れない・仕上がりが悪いといった経験はありませんか。
抜型で額縁罫の内側外側の罫線高を変えて折れ方を強制するやり方がありますが
折れ方が変わるだけで、折れトルクの向上やシャープに額縁を折ることいったことには繋がりません。

 

打抜き現場で確認(手折り)しても、実際の製函機で製函した際にロスが発生したということはありませんか。

額縁罫の折れ精度・折れトルクが向上
Gテープ KWタイプ


弊社Gテープ(面切りテープ)の豊富なラインナップの中からKWタイプを提案します。

KWタイプは額縁の中側の面切りがおこなうことによって、

内側・外側の額縁罫それぞれの罫線の面切りをおこないはっきりとした折れスジを形成することが可能です。

額縁罫でよく発生する内側の折れ不良もなくなり、

罫線の高さを内側のみ高くするようなことも必要ありません。

また、ギフトケースなどのフタ身ケースの製函機で製函する際にも、

折れトルクが通常の額縁罫よりも向上され、シャープに折れることで、製函でのロスが軽減します。

 

課題を解決する製品をご紹介いたします

記事に関するお問い合わせ

本記事についてのご質問やご不明点、ご相談などは
下記メールフォーム・お電話よりお気軽にお問い合わせください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 072-873-5002
  1. トップページ
  2. 課題解決のご提案
  3. 額縁罫の折れ精度を高めたい