抜型・トムソン型・打ち抜き資材の大創株式会社

課題解決のご提案

紙粉を軽減したい

新版で打抜きを始めた際には紙粉が発生しなかったのに、ショットを重ねるとやがて紙粉が発生してしまうことはありませんか。面板の彫れ〈トムソン刃のあたりでの彫れ〉とトムソン刃の消耗によっての原因である可能性が高いです。
トムソン刃を交換することで紙粉は解消されます。

 

ですが、だからといってトムソン刃を交換することで本当の原因が解決したことにはなりません。

トムソン刃の交換サイクル延長で紙粉も抑制
ステンレス面板DHS57


弊社オリジナルのステンレス面板DHS57を提案します。

ステンレス面板は軟らかくても硬くてもダメです。

刃先の硬度-10°(ショア) = 面板適正硬度

トムソン刃の刃先の硬度に対して、面板の硬度を選定することを弊社はお勧めしております。

適正な面板を使用することで、刃先に無理なダメージを与えなくなりトムソン刃の交換サイクルも延長することが可能となります。

また、トムソン刃の刃先のダメージが軽減されることで、紙粉の発生も抑制されます。

 

ステンレス面板の種類

材料硬度
ショア
硬度
ビッカーズ
耐久性特徴
DHS57
【大創オリジナル】
57425硬度も硬く平坦度も良い
1500SP64480硬度は抜群に高い
DP252378硬度はやや硬く平坦度も高いがDHS57には劣る。
SUS30426170硬さ・平坦度がともに並。すぐに彫れてしまうので紙粉が発生しやすい。
SUS43029162価格は安いが硬度・平坦度ともに並以下。彫れやすくすぐに錆びる。

[参考]トムソン刃 刃先硬度70°~80°〈ショア〉

 

DHS57は、SUS304よりステンレススクラップにて高く買取値がつくので、コストパフォーマンスという面でもお勧めです。
(1500SPとDP2は、磁性があるため鉄スクラップの扱いとなります。)

課題を解決する製品をご紹介いたします

記事に関するお問い合わせ

本記事についてのご質問やご不明点、ご相談などは
下記メールフォーム・お電話よりお気軽にお問い合わせください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 072-873-5002