抜型・トムソン型・打ち抜き資材の大創株式会社

サクセスカレッジ

2018/02/08

サクセスカレッジ

製袋(パウチ袋)の角が綺麗に丸くなる加工方法とは?

製袋の4コーナー丸(R)カット

軟包装 角丸
一昔前までは製袋の4コーナーをカットするという加工は軟包装業界では一般的ではありませんでした。

医療において使われる製袋にて、手切れの防止策として4コーナーの丸(R)カットが普及されはじめてから急激に一般市場へ広がっていったといわれています。

4コーナー 丸カット

4コーナーを丸(R)カットする目的としては、前述のとおり「手切れ」や「製袋の角で突いた際のケガ」の防止策、また輸送の際に起こる袋同士での角突き傷などがあげられます。
この4コーナーを丸(R)カット(以下:角丸カット)する方法として大創では下記の加工方式を提案しております。

オフラインによる現在の加工方法

角丸カット専用機等を使用して加工します。
製袋後の袋を一定枚数、機械へセットして角丸金型を下降させてカットをおこないます。
メリットとしては、一定枚数をセットしてボタンを押すだけなので誰にでも簡単に加工ができるということです。
角丸カットにおける抜きカスは、バキュームにて集塵機に回収するのが一般的です。

インラインによる現在の加工方法

製袋機の工程にユニットや金型を取り付け角丸カットをおこないます。
メリットとしては、通常ラインに組み込めて生産量が予測できることです。
角丸カットにおける抜きカスは、オフライン同様バキュームにて集塵機に回収するのが一般的です。

現在の加工方法での課題

オフライン加工

角丸カット オフライン加工
オフラインにおいては、下記の課題があります。

・一定枚数を積み上げてカットするので丸(R)形状のバラつきが発生しやすい
・製袋の生産量が高ければ角丸カット加工の専属作業者が必要になる
・静電気による抜きカスの製品への付着が発生することがある
・チャック仕様の製袋での角丸カットは不向き

インライン加工

角丸カット_インライン加工
インラインにおいては、下記の課題があります。
・セット調整に時間がかかる
・丸(R)形状でカエリ(ツノ)が多少なり発生する
・静電気による抜きカスの製品への付着が発生することがある
・チャック仕様の製袋での角丸カットでの調整が難しい

大創方式:トムソン型での角丸カット

角丸カット トムソン加工
大創が提案している加工方式は、トムソン型を使用した角丸カットになります。
ただ袋の形状をしたトムソン型を使用することではなく、特殊な形状のトムソン型を使用することで、下記の課題が解決されます。

・異物混入に対して
角丸カット部の抜きカスはヒモカスと一緒に排出するので混入ゼロです。
・材料費削減に対して
流れ方向のピッチは製品寸法(空きなし)で加工するので原反シートが削減します。
・品質改善に対して
角丸(R)が安定した形状になります。また、カエリ(ツノ)は一切でません。
・生産性向上に対して
三方袋、スタンドパックのチャック付きでも加工可能です。
・静電気対策に対して
トータルプランニングの大創だからこそ抜型での静電気対策仕様型も製作します。

各加工方法の比較

角丸カット 加工比較
※大創方式は製袋機トムソンカット装置が必要になります。

加工例 製袋機トムソンカット装置
角丸カット加工

異物混入ゼロに向けた取組み

トムソン型での角丸カットの方式でもっともお客様に喜ばれていることといえば異物混入ゼロです。
特に食品等など口に入る物を入れる袋には、ひと破片の混入が大きなダメージとなって返ってきます。
製袋の加工でお困りなことがありましたら、是非お問合せのほどよろしくお願いいたします。

アンケート

[no.25] この記事はお役に立ちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

久米田 信行

Author:久米田 信行
大創株式会社 大阪工場 部長 久米田 信行です。
  • 電話のお問い合わせ
  • メールのお問い合わせ

関連記事

サイト内キーワード検索

大創の技術サービス 出向ゼミのお申込みはこちら

月別アーカイブ

加盟団体

大阪府ものづくり優良企業賞
IT百選優秀

育児助成金白書

社長ブログ「二代目社長の日常」

大創公式ネットショップのご案内

  1. トップページ
  2. サクセスカレッジ
  3. 製袋(パウチ袋)の角が綺麗に丸くなる加工方法とは?